ユーチューブアカウントが停止される多い理由

前回の記事で書いた通りの手順で異議申請を行うと、

YouTubeクリエイターサポートチームからメールが届きます。

ほとんどの場合、

「スパム行為などによるYouTube のコミュニティ ガイドライン違反のため停止されている」

との内容です。

 

具体的には、利用規約第 4 条 H 項に違反していると考えられます。

スパム行為などにつきましてはこちらをご参照ください。

 

要は、一度に動画のアップロードが多すぎるということで、

ロボットがやっているのではないか、との見解からアカウント停止状態となっています。

 

YouTubeクリエーターサポートチームからのメールは以下内容に続きます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このガイドラインやその他の利用規約違反を繰り返した場合、パートナーシップ プログラムから除外され、アカウントは停止されます。

アカウントが誤って停止されているとお考えの場合は、こちらのフォームを使用してポリシーチームに再審査請求を直接お送りください。

※再審査には数日〜一週間程度かかります。

再審査請求をお送りいただく際、停止となったチャンネルを管理しているメールアドレスでログインしていることをご確認ください。また、停止となったチャンネルがG+pageまたはブランドアカウントに関連付けられている場合、再審査請求の際に記載いただくメールアドレス欄には、G+pageまたはブランドアカウントに設定されている固有のメールアドレスを記載いただく必要がありますのでご注意ください。

G+pageまたはブランドアカウントに設定されている固有のメールアドレスは、以下の手順でご確認いただけます。

1.https://plus.google.comにアクセスいただき、チャンネルを管理しているメールアドレスでログインしてください。

2.画面の右上隅にあるページアイコンをクリックしてください。大本となっているメールアドレスの管理下にあるブランドアカウントのリストが表示されます。

3.目的のブランドアカウント(YouTubeのチャンネル名)のアイコンをクリックしてください。

>>>ページが切り替わった後、さらにもう一度右上隅にあるページアイコンをクリックして歯車のボタン(YouTubeの設定)をさらにクリックします。

4.「アカウント設定を確認または変更する」をクリックします。

5.アカウント情報のトップページが表示れますので「個人情報とプライバシー設定」の項目に「個人情報」という項目がありますのでそれをクリックします。

次に表示されるページの中の「メール」欄に、このブランドアカウントに設定されている固有のメールアドレスが記載されています。