そもそも著作権とは?

改めて著作権と言われると、

なかなか言えないものです。

著作権法とは、知的財産法の一つであり、

著作権の範囲と内容について定める法律です

002_580x300_580x300

一般的には、

「言語」「音楽」「美術品」「建築」「図形」「映画」「写真」などが相当します。

20070523_10522-

いろいろありますが、

我々が扱う市場は、YouTubeという動画市場です。

特に意識するのは、

テレビ局など著作権についてシビアになっているものです。

 

著作権だけでなく、

YouTubeには独自の規制もあります。

著作権に触れていなくても、

YouTubeがNoといえば消されるなどペナルティを受けてしまうことがあるのです。

 

以前、

FC2動画をそのままYouTubeにアップしたとして

逮捕された

という事例がありました。

 

こういうことは絶対にNGです。

 

細かな定義はありますが、良く分からないので、簡単にいうと

私が定義する著作権侵害のルールは、

 

その動画を作った側が損をするかどうか

 

です。

 

テレビや映画がYouTubeに露出されると、

お金を出してDVDを購入する人が減るし、映画館に来る人も減ります。

DVDレンタルなんてなおさら、利用客は少なくなりますよね?

こういうパターンだと、販売者側からすれば、損することになります。

 

一方、先ほども書きましたが、

これから売り出したいアイドルを、いかにコストをかけずにバイラルを起こせるか、

と考えると、

むしろ大歓迎なわけです。

あえて動画を消す指示をYouTube側にしないわけです。

 

とはいってもその見極めは分からないので、

こういう定義があるとだけ覚えておいてください。

 

※バイラルとは…話題となっていることや関心があることを、特にSNSでシェアすることで不特定多数の人に広まること