ペナルティの種類

YouTubeのペナルティには

以下の種類があります。

google-penalty1

 

①第三者のコンテンツに一致

これは音楽や画像が引っかかったときに出ます。

これは機械で判断しているようです。

例えば、avexが出している音楽を勝手に使ったら違反となります。

 

企業やテレビ局が事前にYouTube側へ

「これを使ったらダメだよ」

と申請をしているからです。

なので、動画をアップロードして、管理画面を見ると、該当する動画は収益化出来ていません。

1

 

実は私は以前、

「著作権フリーのBGMを使っておらず、やってしまった。。」

という経験があります。

 

しかもこの第三者コンテンツの一致は、

最初動画をアップしたときは出てこず、収益化出来ていました。

 

しかし、後から会社やテレビ局が申請を上げれば、

さかのぼってペナルティとして収益化を外されます。

 

私はこれで、当時12万ほど稼いでいたのですが、

このBGMのミスで6万円ほどに収益が下がりました。

幸いにも、他に別のチャンネルを作っていたので、

最低限のリスク管理が出来ていたので良かったです。

 

とはいっても、

初めから著作権フリーのBGMを使えば問題なかったのですから、

安全に進めるのが、結果的に稼げます。

02

 

②音声ミュート

①と同様の内容です。

動画自体は消されませんが、

BGMや音声が消えています。

 

この場合は、対策が取れます。

それは、この警告内容をクリックすると、

対象となっている音声を削除することができます。

01

 

さらに音声が消えたパターンで再度収益化することも出来ますし、

YouTubeが登録している著作権フリーのBGMに変更することが出来ます。

02 03

右側の部分にフリーBGMが用意されています。

最初から動画を修正する必要がないので、ありがたい機能です。

 

③全世界ブロック

これが一番重いペナルティで、

これを2、3回と繰り返すと最悪の結果として、

アドセンスアカウントを停止させられます。

 

YouTubeアカウントの停止ならともかく、

Googleアドセンスを停止されたら、もう再起不能です。

これまで稼いできた収益ももらえませんし、今後一切手出しできません。

 

ですので、この表示がでたら、動画は速攻削除しましょう。

リスクが高すぎます。

 

④動画削除

動画が削除される理由としては、

・著作権侵害

・コミュニティガイドライン違反

の2つがあります。

 

動画が削除されると、まず以下の機能が制限されます。

 

・制限時間を超える動画のアップロード

・外部のアノテーション機能

・注目コンテンツ作成

・ブランディング作成

・Content IDに関する異議申し立て

・視聴者ファンディング機能

 

そして、この動画削除を2回受けてしまうと、

最低でも2週間は動画を新しくアップロードすることが出来なくなります。

 

また、

3回目でYouTubeアカウントの停止につながります。

 

【平常時】

04

【警告時】

05

 

緑になっていた箇所が赤くなっていたり、チェックが外れていたりします。

 

YouTubeアカウントを停止されたら、これまで上げていた動画も全て削除されます。

私もこの経験があり、300個以上の動画を消してしまいました(泣)

 

このような警告があった場合は、

このチャンネルで攻めることはせず、

新しいチャンネルを作って、やっていきましょう。

 

6か月間、追加で同様のペナルティを犯さなかった場合、

そのペナルティは6か月後にクリアになります。

 

そうなれば、制限も解除されますので、これまで通りアップロードして収益化できるようになります。

 

また、動画削除については異議申し立てができます。

06

明らかに自分のオリジナルで、著作権にも触れず、

自信があるのであれば申し立てをしましょう。

しかし申し立てをして、万が一他の人の著作権や規定にひっかかっている場合、

アカウント削除のリスクもあります。

 

これは自己責任で行ってください。

 

⑤YouTubeチャンネル削除

動画削除3回、もしくはコミュニティガイドライン違反では

一発でチャンネル削除されます。

 

特にコミュニティガイドライン違反は一発なので、かなりビビります

どこがどう引っかかったのか、正直分からないときもあります。

 

しかし、身に覚えがあるグレーな動画をアップしていたのなら、仕方がないかもしれません。

 

とにかく安全な動画をアップすることを心がけましょう。

 

⑥YouTubeアカウント停止

YouTubeアカウントには、いくつものチャンネルを作成することが出来ます。

チャンネル削除だけなら、ひとつ消えるだけですが、

YouTubeアカウントの停止の場合は、紐ついているチャンネルすべてが対象になります。

 

面倒かもしれませんが、リスク分散のために、

アカウントは複数持つことをオススメします。

 

【アカウントの考え方】

07

【Gmailアカウント毎にリスク分散する】

08

 

⑦Googleアドセンスアカウントの停止

Googleアドセンスは一人につき1アカウントと決まっています。

もし2つ目を作ろうとしても、

Googleは天才なので、すぐにバレます(笑)

 

PCのIDアドレスや氏名、住所、電話番号、紐づくGoogleアカウント(Gmail)など、

ありとあらゆるインターネット上の情報を駆使しています。

 

アドセンスアカウントが停止されると、

すべての動画の収益が無効になります。

 

そして、報酬を受け取ることができません。

 

とにもかくにも、これだけは避けたいです。

 

私の友人はアドセンスアカウントを停止された経験があります。

 

「朝起きたらGoogleからメールがきていた・・・」

 

と。

 

だって、

今月10万円、30万円と入金されるはずであった報酬がなくなるわけです。

 

想像するだけで恐ろしいです。