YouTubeの収益の仕組み

先ほどから出ている通り、

YouTubeはGoogleの子会社です。

Googleは企業に代わって広告を配信しています。

普通はウェブページの横に広告が出ています。

01

 

この広告をクリックされたら、企業はGoogleに広告料を払います。

そしてGoogleからYouTubeとサイトを作成したあなたに収益を配分します。

02

YouTubeはサイトのような静止画ではない動画ですので、広告表示が少し違います。

03

このような感じで動画の中にポップアップのように表示されるのを見たことが

あるかと思います。

 

このように出てきた広告を視聴者がクリックしたら、私たちに報酬が発生します。

他にもこのような広告は4つほどあります。

 

ちなみに広告の種類を私たちは選ぶことが出来ません。

理由としては、YouTube側がランダムに設定しているからです。

広告が出ないときもあります。

 

これは視聴者側からすると、いつも広告が出てきてウザいと感じてしまうから、ランダムにしているというわけです。

 

具体的に、どのような広告があるか見ていきます。

 

スキップできない広告

04

動画が始まる前に、15秒のスキップできない広告があります。

これは見るしかないので、この広告が出たらラッキーです!

 

インストリーム広告(スキップ可能)

05

これは5秒ほど広告が流れ、その後視聴者はその広告をみるかスキップして本編にいけるか選べるものです。

みんなスキップするんじゃないかと思うかもしれませんが、結構見てしまうCMってあります。

表示される広告は、Google側が見ている人の属性に合わせて表示しているので、視聴者が興味を示しているものばかりなのです。トヨタの新型プリウスが欲しいと思ってネットサーフィンをしていると、なぜかYouTubeに出てくるCMはトヨタや自動車ばかりになります(笑)。なので、YouTubeで流れるCMは見られやすいのです。

InVideo広告

06

動画開始10秒後にポップアップされる広告です。

広告をクリックされると報酬が発生します。いろいろな広告の種類がありますが、このInVideo広告が一番クリックされているという統計データがあります。

動画の中で表示されるので目立つということが挙げられます。また、右上の×印を消そうとおもって広告を押してしまった経験がある人は多いのではないでしょうか?

誤クリックを狙うというわけではないですが、そういうこともあるのでクリック率が高いです。

 

バナー広告

07

ウェブサイトと同じように、右上に表示される広告です。

これはパソコン画面のみです。画像が大きいので目に留まりやすいです。

 

このように、複数の広告表示パターンがあります。

10

必要なものにチェックを入れることになりますが、

すべてにチェックを入れていて構いません。

 

これら全てのパターンが表示されるわけではなく、

YouTube側が機械的にランダムで表示させます

 

見ている側が、いつも広告が流れると不快に思うこともありますので、

ランダムにしているというわけです。

 

なので、YouTube側が自動的に行ってくれるので、

 

私たちは

動画をアップして、収益化ボタンを押すだけでOK

というわけです。

 

ちみなに、2016年5月から、

新しく「Bumper」という6秒動画広告がテストで開始しました。

Bumper

図1

これは、モバイルユーザーが気軽に楽しめる広告を目指したもので、

6秒間のスキップできない広告になります。

 

この広告をいち早く取り入れたのは、

高級車の「アウディ」です。

6秒という短い時間で、いかに自分たちのブランドイメージを伝えることができるか

 

その自信があるからこそだなと思いました。

 

広告は企業の命です。

より多くの人の目に留まるか

 

私たちは、その広告媒体を提供している側なんです。